事務作業の負荷を減らすのは人事採用だけではありません


世の中の景気が良い時・悪い時。仕事がどんどん入ってきて忙しい時・そうでない時。
真面目に自社の業務に向き合って仕事を行い、生き残られてきた会社様は常に日々の業務に追われています。

次から次へと舞い込む仕事を前に労働力不足を感じると、どうしても『人を採用しなければ!』
という気持ちになるのは当然の事だと思いますが…

本当にその採用必要でしょうか?


 
新たに人材を採用すると、採用してきる期間は人件費が掛かることになります。
掛かる人件費はお給料だけではありませんよね。
研修や教育にかかる費用。住宅手当・通勤手当などの福利厚生費。社会保険料の会社負担などを
合わせると支給基本の1.5倍~2倍の費用が発生するといわれています。
基本給を20万円とした場合には、なんと年間360~480万円の支出になります。
10年間で見ると4800万円の支出が発生します。10年後の景気はどうなっているかはわかりません。

もし会社での事務作業で人材募集をお考えの場合は一度弊社のシステム導入による業務の効率化を検討してください。
1年単位で見ても人材増員と比べ数十倍の低コストで業務負荷を削減できる可能性があります。
では『どういったシステムなのか?』『導入費用はどれくらいか?』は下のリンクからお進みください。